移住のあれこれ

最上移住の心得 この地で楽しく有意義に暮らしていくためにはいくつかポイントがあるのでご紹介します。

 

1、ご近所づきあいを楽しむべし

地区の集まり、公民館掃除、行事、地区経費集めなど、おのずとご近所さんとのつきあいがでてきます。初めからなんでも知っている人はいないので、区長さんや組長さんを通じて少しずつ、交流を広めていきましょう。そしてわからないことがあれば、相談や質問をしましょう。
仲良くなるにつれ野菜や果物のおすそわけをもらえることがあるかもしれません。
また、この地域では鍵をかけていないお宅が多く、チャイムを鳴らさずガラガラっと玄関を開けて「いだが~?(いますか~?)」と訪ねられることもあります。プライベートはあってないようなものとも言えますが、それはこの地に住む人々の温かさや、人のつながりの深さとも言えます。
地域全体が1つの家族のようで、慣れると意外と親しみがあっていいものですよ。

 

2、最上の雪と共生すべし

最上地方は雪がたくさん降ります。早い年だと11月半ばには初雪を観測し、3月まで降り続きます。最大積雪は地域によっても違いますが、だいたい1m~1m50cm。多いところだと4m以上積もるところもあります。
除雪に関しては、大きな道路や歩道に関しては行政で行いますが、自宅敷地内の駐車場、庭、屋根の雪下ろし等は自分達で除雪することになります。出勤前や帰宅後に毎日せっせと行うのです。
しかし、除雪につかれてしまったときは近くの温泉でゆっくり癒されましょう。最上地方には体の芯から温まれる温泉がたくさんあります。雪との戦いを工夫し、楽しみながら勝ち抜きましょう!
また、雪の下に野菜を保存し甘味やうまみを引き出す「雪の下野菜」もこの地ならではのアイディアです。悪いことばかりではないこの地の「雪」と一緒に長い冬を乗り越えましょう。

 

3、虫&動物も最上の住人だど思うべし

自然にかこまれた最上地方では虫や動物と遭遇する機会多くあります。カメムシ、はち、アブ、蚊、へび、カエル、たぬき、時にはクマまで。虫が苦手な方は初めびっくりすることも多いかと思いますが、徐々に慣れてくるものです。(クマは例外ですが)
反対に白鳥やサギがやってくるほど美しい地域でもあります。
日常生活の中で「自然との共生」を肌で感じることができます。

 

4、新庄・最上での生活を楽しむべし

新庄・最上は生活する上でのお買いものに困りません。各市町村全てに大型スーパーはありませんが、新庄市を中心とし、たくさんのスーパー・コンビニ・ドラックストア・生活雑貨店が存在します。また、各市町村には商店街や産直があり、地元に根差した商売で地域を支えてくれています。スーパーではお目にかかれない新鮮な野菜や特産品、心のこもった手作り商品を一度試されてはいかがでしょうか。

 

5、麺文化を楽しむべし

全国的にもラーメン消費量で有名な山形県ですが、ここ新庄・最上にも数多くのラーメン店が存在します。各家庭で、「お客さんをラーメンの出前でおもてなしする」といった興味深い文化もあります。
それからこの地域はそばどころとしても有名です。最上早生という品種が多く、住民は毎年新そばの時期を待ちわびています。
このページではいい表せないほど、おいしいラーメン・そばがあるので、みなさんも麺マニアになること間違いなしですね。

 

6、移動手段を考えるべし

新庄・最上地方の主な移動手段は自動車です。1人1台自動車を所有している家庭が多く存在します。電車やバスなどもありますが、駅やバス停までの距離や運行本数を考えると、やはり車があると便利です。
冬期間の運転に関しては地元の住人でさえ恐怖を感じることもありますが、時間に余裕をもって焦らず運転しましょう。
新庄にレンタカー屋さんがありますので移住前に一度、冬の運転など体験されてみてはいかがでしょうか。

 

7、 医療機関を把握するべし

新庄・最上地方の1番大きな病院は県立新庄病院です。そのほかにも大小なりとも病院はたくさんありますが、住む地域によっては少々遠い場合もあります。自分の住む地域の近くに信頼できるかかりつけ医を探しておくと安心ですね!
また、夜間受診を行っている医療機関がいくつかあるので、緊急の場合でも診てもらう事ができます。

 

 

移住の心得を頭の片隅において、お互い助け合い、支えあい、協力していきましょう!!

(最上、新庄・最上、最上地域)

ページトップヘ