「新庄凧フェスティバル2017」イベントアルバム

6月18日(日)、最上中央公園(通称:かむてん公園)を会場に、新庄凧フェスティバル2017が開催されました。

今回が新庄での凧フェス開催の10回目となる記念の大会で、例年11月に開催してきており6月開催は今回が初めてとなりました。

全国から凧上げ名人たちが集結し、「子どもの部」「隠明寺凧の部」「一般の部」合わせて総勢150名ほどがエントリーしました。

この日は快晴、風も良好で絶好の凧揚げ日和です。大会当日は6畳の大凧を組み立てる作業からはじまりました。

それぞれの骨組みは全て調整染みのため、順番や方向を間違わないよう組み立てていきました。

大会の受付終了後、開会式が始まりました。朝、組み立てた6畳の大凧は会場に飾ってみるとこの大きさです。エントリーした方や観客が一堂に会すると、200人以上はいたでしょうか?たくさんの人がこの日を楽しみにしていたんですね。

大きさも形も絵柄も様々な凧を見ているだけ、ワクワクしてくるのは私だけではないでしょう。凧はもちろんのこと凧揚げをしている名人の方々もとても個性的で、お目にかかれてとても楽しいひと時でした。

「子どもの部」で参加した人は、自分の好きな絵柄で作った凧を持参。

新庄東高等学校Tコースの生徒は、授業で作った隠明寺凧を揚げました。自分で作った凧が揚がる瞬間は格別な感動だったのではないでしょうか。

そしていよいよ、凧フェスのラスト!6畳大凧を揚げる瞬間です。空に舞いあがった様子はコチラの動画をどうぞ!

 

ページトップヘ